Make your own free website on Tripod.com


第四章確認テスト

問1 システム開発の第1ステップとして、基本計画がある。
このステップでは、どのようなことを行うのか。
最適なものを選べ。
各プログラム内の構造設計
システムの機能の確定
調査・立案、ユーザ要求の分析
プログラム間の処理の流れの明確化
問2 システム化の目的を明確にするために、要求定義を行う。
この要求定義での作業内容で、間違っているものを次の文章から選べ。
開発体制、スケジュールを明確にする。
システム全体(機能・性能・運用要件など)に対する要求を明確にする。
システムの適用分野がどのような仕事をするのかを明確にする。
ハードウェアとソフトウェアへの要求を明確にする。
問3 テストには、いくつかの段階があるが、最後の段階で行う「新システムが実務に適用できるかどうかを調べる」テストのことを何というか。
運用テスト
結合テスト
システムテスト
単体テスト
問4 ソフトウェアをハードウェアと同じように1つの製品であると考え、工学的な技術を用いて、質のよいソフトウェアを提供しようとすることを何というか。
ソフトウェア工学
ソフトウェアパッケージ
ソフトウェアライフサイクル
レビュー
問5 システム開発の基本的な開発モデルである、ウォータフォールモデルの欠点を述べたものとして、間違っているものを選べ。
あとの段階で生じた不都合を直すためのもどりが大きい。
エンドユーザとアナリスト間のコミュニケーションギャップが未解決のまま開発を進めている。
小規模のアプリケーション開発にしか適用できない。
要求仕様が変更されると、それ以降の全段階に影響が出てしまう。
問6 外部設計の段階で行う作業でないものを選べ。
画面・報告書設計
コード設計
サブシステムの定義と展開
物理データ設計
問7 内部設計の段階での作業内容として、機能分割がある。
この分割のためのポイントとして、間違っているものを選べ。
同じファイルを使用するプログラムは、なるべく別のブロックにする。
システムダウン時のリカバリのしやすさで分割する。
処理のタイミング(月次処理、週次処理など)が異なるものは分ける。
プログラムの構造のわかりやすさで分ける。
問8 システムの完成後、ユーザから、希望していたものとは違うというクレームがきた。
調査の結果、要求仕様の確認を怠ったためだとわかった。
この要求仕様の確認は、次のどの段階で行うべきだったのか、最適なものを選べ。
外部設計
内部設計
プログラミング
プログラム設計
問9 被テストモジュールが呼び出す実際の下位モジュールに代わり、その動作をシミュレートするために用意される仮のモジュールのことを何というか。
スタブ
トップダウン
ドライバ
ボトムアップ
問10 単体テストを行うのは、システム開発工程のどの段階か。
外部設計
内部設計
テスト
プログラミング
問11 情報システムの責任者に対して、図や表を用いて運用方法を表したものを何というか。
外部設計書
業務フロー
原票
内部設計書
問12 使用機種や言語、システムの最適化の観点から、コンピュータシステム上で実現するための設計を行う段階を、何というか。
外部設計
システム化計画
内部設計
プログラム設計
問13 プログラムの構造化設計を行う際、データの流れに沿って、実行すべき機能を入力、変換、出力の機能に分割していく技法を何というか。
STS分割
共通機能分割
ジャクソン法
トランザクション分割
問14 プログラムの内部構造を意識せずに、ユーザから見た機能に従って、テストケースを決めるテストのことを何というか。
システムテスト
トップダウンテスト
ブラックボックステスト
ボトムアップテスト
問15 4けたの数字データを入力する。
ただし、最後の1けたはチェックディジットで、これは先頭から3けたの数字の総和を10で割った余りを用いるとする(正しいデータの例:1236、9874)。
このとき、5□74という数字データの□には、何が入るか。
問16 入力データが、商品番号順に並んでいるかをチェックするには、次のどの方法を用いるか。
照合チェック
シーケンスチェック
ニューメリックチェック
フォーマットチェック
問17 オブジェクト指向の特徴として、適切でないものはどれか。
クラス
継承
ドライバ
メソッド


TOPへ  第四章へ