Make your own free website on Tripod.com


第五章確認テスト

問1 次の記述の空欄a〜dに対応する正しい組合せを、ア〜エから選べ。
[a]ファイルは、データ領域と[b]領域から構成される。
さらに、データ領域は、レコードを記録する[c]領域と、[c]領域にレコードが入らないときにレコードを記録する[d]領域からなる。
各レコードには、アクセスの基準となるキーがふくまれ、[b]には、キーとそれに対応したレコードへのポインタが格納されている。
データ領域のレコードは、キー順に並んでいるわけではない。
a−索引編成、b−索引、c−データ基本、d−メンバ
a−索引編成、b−索引、c−あふれ、d−データ基本
a−索引編成、b−索引、c−データ基本、d−あふれ
a−順編成、b−ブロック、c−レコード、d−フィールド
問2 次に記述の空欄a〜cに対応する正しい組合せを、ア〜エから選べ。
[a]ファイルは、一般に記憶効率はよいが、[b]しかできない。
ファイルの更新は、原則としてファイルを[c]して行う。
a−索引編成、b−書出し、c−書き直
a−索引編成、b−索引付け、c−書き直
a−順編成、b−順処理、c−新しく作成
a−順編成、b−読出し、c−新しく作成
問3 次の記述の空欄a〜dに対応する正しい組合せを、ア〜エから選べ。
[a]ファイルは、レコードのキー値からレコードアドレスを求めてアクセスする。
アドレスの求め方には、キー値をある計算式によって決定する[b]と、キー値をそのままアドレスとする[c]がある。
[b]の場合、別のレコードが同じ値のアドレスに変換されることがある。
これを[d]という。
a−区分編成、b−基数変換法、c−除算法、d−同値
a−索引編成、b−トラック索引、c−シリンダ索引、d−重複
a−順編成、b−間接アドレス、c−直接アドレス、d−シノニム
a−直接編成、b−間接アドレス、c−直接アドレス、d−シノニム
問4 従業員表と組織表、顧客表を用いて、ある人がどこの部署に所属していて、どの顧客を担当しているのかを調べたい。
それぞれの表は、必要最低限、どのような属性をもつべきか。
従業員表 :氏名コード、氏名
組織表 :部署コード、部署名、氏名コード
顧客表 :顧客コード、顧客名、氏名コード
従業員表 :氏名コード、氏名、顧客コード
組織表 :部署コード、部署名
顧客表 :顧客コード、顧客名、部署コード
従業員表 :氏名コード、氏名、部署コード、基本給、役職
組織表 :部署コード、部署名
顧客表 :顧客コード、顧客名、氏名コード
従業員表 :氏名コード、氏名、部署コード、顧客コード
組織表 :部署コード、部署名
顧客表 :顧客コード、顧客名
問5 次の2つの表、部品表と工場表を用いて、大阪工場で生産している部品のうち原価が1000円以上のものを調べたい。
正しいSQL文を選べ。

部品表
部品コード 部品名 原価 棚番号 工場コード
A100        
A200        
B100        
C500        
C900        

工場表
工場コード 工場名 住所 配送センター
TK−01      
TK−02      
OS−01      
KY−01      
KG−01      
SELECT 部品名、原価
FROM 部品表
WHERE (工場名="大阪")AND
(部品表、工場コード=工場表、工場コード)
SELECT 部品名、原価
FROM 部品表、工場表
WHERE (工場名="大阪")AND(原価>=1000)
SELECT 部品名、原価、工場名
FROM 部品表 工場表
WHERE (部品表、工場コード=工場表、工場コード)AND
(工場名="大阪")AND(原価>=1000)
SELECT 部品名、工場名
FROM 部品表 工場表
WHERE (部品表、工場コード=工場表、工場コード)AND
(原価>=1000)
問6 複数のアルファベットと区切り記号‘.’1個からなる文字列を考える。
‘*’は長さ0以上の任意の文字列を表し、‘?’は任意の1文字を表すとした場合、「‘AB’の文字列を先頭に含む文字列と、‘TXT’の文字列が区切り記号で区切られているある文字列」を表現するものはどれか。
AB?.TXT
AB*・TXT
A?B?.TXT
?AB?・TXT
問7 補助記憶装置の説明のうち、正しいものを選べ。
CD−ROMは磁気ディスクに比べ、1ビット当たりのコストが安く、経済的である。
磁気テープでは、1バイトのデータを記録するのに8フレーム必要である。
磁気ディスクで、同一シリンダ上のトラック間でデータを読み書きするには、アクセスアームをトラック間で移動させて行う。
光ディスクには、追記型と書換え型の2種類がある。
追記型は、レーザ光で媒体を磁化してデータを記録することから光磁気ディスクともよばれる。


TOPへ  第五章へ